公式SNS
  • Instagram

お客様からのご質問 カラダのQ&A

カラダの疑問・お悩み
レッグラインにお悩みの方
  • とてもO脚で、ヒールなどを履くと外側の筋肉が発達してとても出てきます。ひどいと太ももよりも幅が広くなるぐらい、ふくらはぎの外側の筋肉が出てしまいます。 改善する方法はありますか。 そして高校生以下でもレッグラインメンテナンスは受けれますか?
  • 骨盤のゆがみや普段の姿勢、歩き方などでO脚になってしまいますが、原因の一つとして足の内側にある「内転筋」が弱くなっているしまっている事があげられます。内転筋は歩く時や座るときに足を内側に向けるコントロールをする役目がありますが、筋肉が弱くなることで自然に足が外を向き、外の筋肉がどんどん発達してしまいます。内転筋は使われなくなることによって脂肪を貯めやすくなり、むくみも出てきて大きくなっていきます。 ですので、まずは内転筋を鍛えてあげることから始めてみてください。5㎝くらいの幅の雑誌があればそれを椅子に座っているときに膝に挟んでみてください。慣れないと5分くらいでプルプルしてくるかと思いますが、15分〜20分を毎日行うと内転筋が使われ、腹筋がつくことでウエストや腰回りもスッキリしてきます。 また椅子に浅く座り踵を上げるだけでも内転筋にアプローチするので効果的です。レッグラインメンテナンスは根本的な土台の部分から改善していくコースです。高校生でも施術を受けることができますが、何か気になることがございましたら担当者へご相談ください。
  • ふくらはぎがとにかくパンパンです。どうすればいいですか?フットのコースで治ります?
  • 非常にむくんでいる状態ですね。特にふくらはぎは体内の水分や老廃物を運ぶリンパ液が滞り、むくみになりやすい部分です。リンパ管は押し出す力が弱く重力の影響を受けやすいため、足などの心臓から遠く下に位置する部分ほどリンパ液がたまりやすくなってしまいます。O脚の人も脚がねじれているためにリンパが滞りやすくむくみます。また塩分の多い食事をしているとナトリウムが体の中に水分をため込んでしまい、余分な水分が排出されなくなりむくみを引き起こします。カラダファクトリーのフットコース+オプションメニューのリンパドレナージュは、このように滞ったリンパをスムーズに循環させます。ですので、むくみにお悩みの方におすすめしています。常にリンパ液をスムーズに流しておく事により、足のむくみによるハリ感、痛み、辛さが取れていきます。
  • 脚がむくみやすくて、特にヒドイ日の夜には靴が入らないくらいパンパンになってしまいます。どんなマッサージが効果ありますか?
  • リンパの流れを良くしてあげるとむくみ解消の効果があります。 リンパが滞ると体に老廃物や余分な水分がたまり、疲れやむくみ、冷えなどさまざまな不快な症状をもたらします。特に脚であれば脚の付け根・膝裏・足首のリンパを優しく揉みほぐして流してあげると良いでしょう。触っていて硬いところはリンパが滞っている証拠ですので、柔らかくなるまで念入りに行いましょう。心身ともにリラックスするお風呂タイムやお風呂上がりにほぐしてあげるのがおすすめです。 また、マッサージではないですが、脚のストレッチも効果があり、太ももの裏・ふくらはぎ・足首をゆっくりじっくり伸ばしてあげる事でむくみの改善につながります。
  • O脚のせいで短いパンツやスカートの形がくずれます。 治りますか?
  • O脚は調整することで改善していきます。 普段片方の足にばかりに体重をかけていたり、足を頻繁に組んだりという日常の積み重ねで脚の形やカラダのバランスは崩れていってしまいますので、今自分のカラダについてしまっている癖から改善して、まっすぐで綺麗な美脚を作っていきましょう。
  • 37歳の営業職です。 仕事柄、歩くことが多いのですが左の靴底ばかりが減っていきます。
  • 骨盤に歪みがでている可能性があります。骨盤の歪みは放っておくと全身の歪みにつながります。 今は自覚症状がなくても、いずれ全身に変調がみられることでしょう。お若いうちに骨盤を含めた骨格のバランス調整をされることをオススメします。骨格のバランス調整といえばA.P.バランスⓇ整体コース スタンダードコースです。骨格・筋肉の調整をするとともに、バランスの崩れにくいお身体にしていく為、生活の中でのアドバイス等もあわせてさせて頂きます。
  • 17歳の女子高生です。母がO脚で、私もO脚のようです。 母は「これは遺伝なのでしょうがない。」と言っていますが、遺伝の私でもO脚を改善する事は可能でしょうか?
  • 骨格の遺伝は0.1パーセント以下の確立でしかないといわれています。当然、親子ですので今まで同様の生活習慣をおくる事によって、同じような症状になったのではと考えられます。 骨格・筋肉の調整と生活習慣の見直しによりO脚は矯正する事ができます。 遺伝だと考えてあきらめないでください。
  • 19歳の専門学生です。最近気付いたことなんですが、ブーツやサンダルのヒールのかかと側だけが減ってしまいます。 妹に指摘されたのですが、歩き方がおかしいようなのですがこれは矯正できますか?
  • 歩き方に癖があると靴の減り方が左右変わってしまったりつま先と踵で変わってしまったりします。「外側の靴底の減り」が気になるようですが、全体重が体の真ん中を抜けて下に落ちて行くのが理想のところ、下肢の外側に体重が掛かっている可能性がありますね。 まずはO脚やXO脚を疑います。矯正前に、まずご自身でもケアできます。 太ももの内側の筋肉を鍛えると、徐々に体の中心に体重を乗せることができるようになります。まずは下肢の間にクッションなどを挟みそれが落ちないように太ももに力を入れ、屈伸運動をします。一日30回ほど行ってください。骨盤バランスを始めに整えると更にこのような筋力トレーニングも有効的にできます。
  • 24歳のフリーターです。 ヒールを履いたりすると、ふくらはぎや足の裏が攣ります。 接客業をしているので、とても辛いのですがお勧めなコースを教えてください。
  • 無理にハイヒール等を履いていると足首の関節が硬くなったり常にふくらはぎが緊張状態にあるために引き起こされやすいです。まずは骨格のゆがみを矯正し整えるレッグラインメンテナンスをお受けください。ゆがみを正す事が第一歩です。さらにオプションで、リンパドレナージュを併せて頂き、足全体の筋肉を緩める事をおすすめします。また、カラダ全体の歪みを根本から正す、A.P.バランスⓇ整体コース スタンダードコースもぜひお試し下さい。
サロンへの疑問
あなたからの疑問・質問をお寄せください

カラダの疑問・お悩み、サロンへの疑問がありましたらお問い合わせフォームよりご投稿ください。のちほど担当者からご連絡いたします。

はじめてのお客様へ