公式SNS
  • Instagram

自分でできる健康法 姿勢に関する悩み (O脚)

原因

猫背などにより体の重心が前方に偏るために膝下への力が分散してしまい、外側への力がかかることにより、O脚になります。
普段から座る時には必ず足を組んでいる、歩く時も極端に内股や外股になりやすい等の原因が姿勢に影響を及ぼし最終的にO脚に繋がる原因になります。
O脚、X脚に繋がる原因は骨盤の歪みです。
筋肉の衰え、関節の歪みによりO脚、X脚に繋がります。
また、歩く時足先が外方向へ流れるような歩き方をしていると、ねじれのストレスがそれぞれ特に膝下のスネの外側により多く集中する。これがXO脚の最大原因です。
膝から下の骨(下腿骨)は脛骨と腓骨の2本で構成されているので、ねじれのストレスが加わると外側にある腓骨が外側にはみ出してしまいがちです。
さらに「指上げ足」で歩くことで筋肉がすねについてしまいます。すねの外側が張ったり、疲れやすく、長く歩いた後、痛んでくることがあるので早めに専用サポーターなどで疲れをとっておいてください。

対策 ストレッチ

■後ろ歩き(O脚矯正)

とっても簡単なのが、この方法。1日10〜20歩でいいので、後ろ向きに歩いてみましょう。すると不思議とO脚が改善されます。これは時間が経つとまた戻ってしまうので、毎日継続することが大切です。徐々に膝の空間が埋まってくるのを実感できるでしょう。

■横伸びストレッチ(左右の歪み矯正)

1.右足に重心を置いて両手を伸ばし、左側にグーッとカラダを倒します。
2.今後は左足に重心を置いて右側に倒します。

これを1日左右20秒ずつ×3セットしましょう。倒れにくい方には30〜40秒くらい、ゆっくり伸ばすといいですよ。

■縦伸びストレッチ(左右の歪み矯正)

1.足を肩幅に開き片足だけに重心を置いて両手を上に。グーッと伸びます。
2.重心を反対側の足に変えて同じようにグーッと。

これを1日に左右20秒ずつ×3セットしましょう。

■だるまストレッチ(骨盤の歪み矯正)

1.仰向けに寝て膝を立てます。
2.両足を抱き寄せるようにして引き寄せ、グーッと10秒キープ。
3.ストンと手を離して両足を下ろします。
4.次に片足だけを抱き寄せるように引き寄せて、グーッと10秒キープ。
5.反対側の足も同じようにします。

これを1日3セットしましょう。曲がりにくい方の足は20〜30秒くらい、ゆっくり時間をかけてやりましょう。

■開脚ストレッチ(骨盤の歪み矯正)

1.仰向けに寝て軽く膝を立てます。
2.両足を曲げたまま左右に開きます。無理のないところで20秒キープ。

これを1日3セットしましょう。曲がりにくい方の足は20〜30秒くらい、ゆっくり時間をかけてやりましょう。

このほかのストレッチでも、ゆっくり息を吐きながらカラダを伸ばすストレッチは歪み矯正に非常に効果的です。また同時にある程度の筋力を付けることも大切です。特に水中でのストレッチやエクササイズはカラダへの負担も少なく非常に有効です。プールに行けなくても、お風呂の中でも十分意味があります。ぜひ、日頃からカラダを伸ばしたり、少しトレーニングをして、歪みにくいカラダ作りを目指してくださいね。

お悩み別で見る

O脚です。肩こりや腰痛、むくみ、冷え性といったあなたのカラダのお悩みをカラダファクトリーが解決致します。 初めての方にも安心してご利用頂けるよう、各店舗のスタッフが丁寧にご案内致します。キャンペーンも多数ご用意しておりますので是非ご利用下さい。 姿勢に関する悩み整体・骨盤矯正サロンを探すならカラダファクトリー。

はじめてのお客様へ